TOP > ネット銀行各行の特徴 > 住信SBIネット銀行
  •  住信SBIネット銀行
  • はてなブックマークに追加


  • 【概要】
  •  住友信託銀行とSBIホールディングスが出資し、2007年10月開業したネット専業銀行。
    2つの金融会社の合同設立だけあり、今までのネット銀行の良い点を集約したネット銀行の決定版と言っても過言ではないだろう。注目すべき点は
    金利の高さ手数料の安さ
     振込み手数料は他行宛てがランクに応じて月最大15回まで
    無料、同行宛てなら何回でも無料
     ATM利用手数料も0~108円とおトク。全国のゆうちょ銀行やセブンイレブンで入出金できる。

     また、目的別に最大5つまで自由に口座を作り、目標を設定して貯めたり運用したり出来る『目的別口座管理サービス』などネット銀行ならではのユニークなサービスを展開している。
      外貨預金も8通貨(米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・NZドル・カナダドル・スイスフラン・香港ドル)を揃え、手数料は片道10銭~と格安(外貨預金比較)。
     【SBI証券】も合わせて利用するとさらに便利。口座を持つと、「SBI ハイブリッド預金」という高金利の普通預金が適用され(普通預金金利比較)、銀行と証券会社がひとつの金融機関のようにスムーズな取引、資産管理が可能となる。
  • 【こんな人にオススメ】
  •  ・高金利の定期預金をしたい。 【住信SBIネット銀行に口座開設】
     ・毎月振込みをするので手数料を安くしたい。
     ・ATMを24時間利用したいが手数料は払いたくない。
     ・スマホからネット銀行を利用したい。
     ・セブンイレブンをよく利用する。
     ・外貨預金や資産運用がしたい。
     ・ネットショッピング・ネットオークションを利用する。
     ・各種ポイントサイトで貯めたポイントを換金したい。
     ・法人であり、法人名義の口座がほしい。 【住信SBIネット銀行法人口座開設】
     ・振込手数料を安くし、コスト削減したい。
     ・一括振込みなど取引で便利な機能を利用したい。
  • 【住信SBIネット銀行のメリット】
  • ━━━━━◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     1. 円定期と8通貨の外貨預金で本格的に資産運用
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━━━━━
     ・ネットバンクならではの有利な為替コストと金利での取引が可能です。
     ・市場実勢に連動してリアルタイムに更新する為替レートをもとにお取引ができます。
     ・「リアルタイム注文」、「ウィークエンド注文」、「指値注文」、
      「複合指値注文(IFD・OCO)」と、多彩な注文方法でお取引ができます。
     ・円普通預金からだけでなく、米ドル普通預金からも外貨の買付ができます。
     ・円預金も外貨預金もまとめて残高が確認できます。
    ━━━━━◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     2. 貯める!目的別口座で資産管理
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━━━━━
     ・教育用、結婚資金、自己啓発、ハワイ旅行など自由に名前をつけた目的別口座を5つまで作成することができます。
     ・目標期日や目標金額を設定でき、今の目標達成状況が一目で分かるようになっています。
    ━━━━━◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     3. SBI証券と便利な連携
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━━━━━
     ・銀行の預金残高が証券買付余力に反映
      住信SBIネット銀行の「イートレ専用預金」残高が、SBI証券の証券買付余力に反映されます。(特許出願中)
     ・スムーズな入出金
      SBI証券での株式等の売買代金がイートレ専用預金に自動入出金されます。
     ・信用取引の入金を自動化
      SBI証券で信用取引をご利用の際に、追加保証金などの不足金を自動入金できる便利なサービスです。
     ・銀行サイト・証券サイトの切替もかんたん
      住信SBIネット銀行でSBI証券の残高を同時に表示します。そのまま株式情報へのリンクでSBI証券での証券取引に進めます。
  • 【セキュリティ】
  • 1.各種取引制限
    振込限度額や引出限度額設定のほか、使いたいときだけキャッシュカードを利用許可する設定も可。
    2.三重のパスワード
    ログインパスワード・取引パスワード・認証番号表(またはモバイルキー)の3重のパスワードで安心。
    3.通信環境に対する対策
    情報保護のためにインターネット通信をSSL3.0で暗号化するなど、安心できる通信環境を整えいる。
    4.先進的な携帯電話認証(モバイルキー)
    携帯電話が「鍵」の役割を果たすことで、2経路の認証方式によって照合を行います。
  • SBIネット銀行に口座開設のお申込みはこちらから
  • 【提携ネット証券】
  • SBI証券 住信SBIネット銀行の口座で一括管理!普通預金金利もUP!
  • 【提携ポイント換金・謝礼受取サイト】
  • 【注目サイト】最強のポイントサイト!